稲の背丈もこの位になると、雑草を取る時、顔にあたって痛いのです。
それでも除草作業は続く、続く。